口頭発表など

口頭発表・講演

題名 会名称 主催・場所
       
2017/11/12 森先生の「縄文文化見直し論」 第5回東海学シンポジウム 春日井市民会館(愛知県春日井市)
2017/10/15 玦状耳飾と縄文玉製品の起源   北杜市郷土資料館(山梨県北杜市)
2017/7/12 近年の考古学研究からみた小野神社の「鐸鉾」(さなぎのほこ) PDF ふるさと歴史講座 北小野公民館・憑史談会(塩尻市)
2016/10/15 神への祈り−鉄鐸− 平出土曜セミナー 塩尻市立平出博物館(塩尻市)
2016/9/17 在古代日本信濃地方的東北亜文化元素−カン与鉄鐸−
カン:火偏亢旁
首廟黒龍江流域中俄界江歴史文化与社会発展学術研討会 K河学院科研処与中俄辺疆歴史文化与社会発展研究中心(中国K龍江省K河市)
2016/2/14 玉とヒスイから見た交流 掘るしん in しののい 2016 講演会 JAグリーンパレス(長野市)
2015/9/27 製作技法からみた玦状耳飾の起源 信州縄文研究会第39回例会 信州大学教育学部(長野市)
2015/7/9 縄文玉製品の起源と展開 木曜定例研究会 同志社大学考古学実習室(京都市)
2015/3/7 高速道の建設にともなう小山寺窪遺跡(高野町)の発掘調査の成果 文化財講座 佐久穂町公民館(佐久穂町生涯学習館:茂来館)
2013/11/9 約1,100年前、千曲川流域を襲った未曾有の大洪水〜仁和の洪水〜 大地の履歴から探る災害
−大地と自然、そして人−
津南町総合センター(新潟県津南町)
2013/5/18 縄文時代早期の祭祀の場 信州の遺跡講座 長野県埋蔵文化財センター(千曲市長野県立歴史館)
2012/10/7 「禾」の字が書かれた墨書土器 第20回春日井シンポジウム 春日井市民会館(春日井市)
2012/4/22 縄文のヒスイ(玉)文化 長野県考古学会縄文中期部会第9回勉強会 長野県立歴史館(千曲市)
2011/10/8 善光寺と諏訪信仰 第19回春日井シンポジウム 春日井市民会館(愛知県春日井市)
2011/8/21 888年千曲川仁和の大洪水 佐久の大地に刻まれた災害史 浅間縄文ミュージアム(御代田町)
2011/8/8-9 契丹女真と古代日本との交流
契丹女真與古代日本間的交流
遼金史国際学術研討会 吉林大学(中国吉林省長春市)
2011/7/13 越過日本北方辺疆的女真人 第二廟中国黒龍江流域文明與東北区域文化多元共存的論壇
第二廟黒龍江流域文明鶴崗論壇学術報告会
主催:中共鶴崗市委、鶴崗市人民政府、中国中外文化交流史専業委員会
後援:清華大学東北亜歴史文化芸術研究中心
受入:鶴崗師専(蘿北国際界江大酒店)
2011/6/12 飾る心とその広がり 平成23年度岩宿大学第1講 岩宿博物館(群馬県みどり市)
2011/6/4 邪馬台国時代のシナノ PDF フォーラム「邪馬台国・卑弥呼、そしてシナノの弥生時代」基調講演 佐久考古学会・浅間縄文ミュージアム(御代田町)
2010 渤海契丹女真與日本的古代交流   遼寧師範大学(中国大連)
2010 時間を計る〜考古学から見た時間 第32回「あがたの森考古学ゼミナール」第2講 松本市立考古博物館
あがたの森文化会館2−8教室(松本市)
2010 玦状耳飾研究の現状と課題 第13回文化財セミナー 縄文時代の装身具に関する基礎的検討I 別府大学文化財研究所(大分県別府市)
2009 「東海から東国への道」
〜青銅器文化の伝播ルートなど〜
第17回春日井シンポジウム 春日井市民会館(愛知県春日井市)
2009 古墳時代の埴輪にみられる東北アジア文化の影響
Influence of Northeast Asian culture seen in clay figures (HANIWA) at Kohun period in Japan
ANCIENT JAPAN:Origin and Formation Ruhr University Bochum(ドイツ連邦共和国ボッヘム)
2009 ヒスイ勾玉の起源 市民歴史講座「あさひ」大学 朝陽公民館(長野市)
2008 ヒスイ勾玉の起源と意味 信州ふれあい歴史講座 長野県立歴史館(千曲市)
2008 縄文時代玉製品にみられる大陸文化の影響 古代東アジア交流の総合的研究 国際日本文化研究センター(京都市)
2007 玉類の出現と縄文社会 日本玉文化研究会 栃木県立博物館(栃木県宇都宮市)
2007 セットと石材からみた日本列島玉器の起源と経路 第四廟南中国及鄰近地区古代文化研究国際学術会議 紙上参加のみ。香港中文大学(中国香港)
2007 中国東北文化対日本古代白鳥(天鵝)和鷹形埴輪的影響 第二廟中国東北辺疆歴史與現状研討会, PDF 大連大学中国東北史研究中心(中国大連)
2007 古墳からみた信濃的世界の形成 信州ふれあい歴史講座 長野県立歴史館(千曲市)
2006 古代史の謎 善光寺 第1回考古学講座 長野県立歴史館(千曲市)
2006 弘化四年の善光寺大地震 郷土史講座 長沼公民館(長野市)
2006 篠ノ井方田塔と渡来系氏族について 信州ふれあい歴史講座 長野県立歴史館(千曲市)
2005 海にあこがれた信州の縄文文化 第6回考古学講座 長野県立歴史館(千曲市)
2005 中国東北、沿海州から見た縄文玉製品 東北アジアから見た縄文文化 國學院大學(東京都)
2005 発掘された「浦島伝説−謎に満ちた“芳蘭”の文字−」 第13回春日井シンポジウム 春日井市民会館(愛知県春日井市)
2005 山の神遺跡とその周辺   穂高町民会館(穂高町)
2005 千曲川の水運と古代の遺跡 信州縄文研究会第36回例会 信州大学教育学部(長野市)
2005 遺跡から見た古代千曲川の水運・発表要旨PDF関連記事「更級の旅《10号(PDF) 第14回日本ナイルエチオピア学会 戸倉創造館(千曲市)
2005 古墳時代のハクチョウとタカ 元祖手前味噌講座 長野県立歴史館(千曲市)
2004 大陸文化に育まれた列島の地域文化−「邑」と「国」− 望月町歴史民俗資料館歴史講座 駒の里(望月町)
2004 東アジアの中の「縄文ムラ」 望月町歴史民俗資料館歴史講座 駒の里(望月町)
2004 山の神遺跡とその周辺 「フォーラムあづみの」遺跡報告会 長野県埋蔵文化財センター(大町市)
2004 千曲川流域の縄文時代装身具概観 信州縄文研究会第31回例会 信州大学教育学部(長野市)
2004 変遷とセットから見た日本列島玦状耳飾の起源 中国玉文化玉学第四届学術研討会 中国文物学会玉器研究委員会・大連大学中国東北史研究中心(中国大連)
2003 東アジアにおける玦状耳飾をはじめとする装身具セットの起源と展開 英文要旨 環日本海の玉文化の始源と展開 敬和学園大学人文社会科学研究所(富山市)
2003 中部高地の縄文時代ヒスイ文化研究の現状と課題(和田和哉氏と共同発表) 第1回玉文化研究会 日本玉文化研究会(糸魚川市)
2002 山の神遺跡の発掘 考古歴史講座『土器や遺跡は語る』 長野県カルチャーセンター(長野市)
2001 玦状耳飾について 市民講座 飯田市上郷考古博物館(飯田市)
2000/12/2 縄文時代千曲川流域の打製石斧の石材 信州縄文文化研究会第4回例会 信州大学教育学部(長野市)
2000/6/11 東アジアと縄文時代のシナノの装身具−玦状耳飾からみた縄文文化− 平成12年度市民講座 上田市立信濃国分寺資料館(上田市)
2000 早期新石器時代北東アジアにおける玦状耳飾の起源(英文) 第6回極東若手歴史学者会議 ロシア科学アカデミー極東支部・極東大学(ロシア連邦ウラジオストック)
2000 三内丸山遺跡出土石製装身具の流通・交流経路の解明 平成11年度三内丸山遺跡発掘調査報告会 青森県教育庁文化課三内丸山遺跡対策室(青森市)
2000 東アジアにおける先史時代の装身具について 所内研修会 北上市立埋蔵文化財センター(岩手県北上市)
1999 玦状耳飾について・新聞記事 縄文時代の装身具−長野県の耳飾を中心として− 長野県考古学会秋季大会(長野市)
1999 ロシア極東考古学資料調査   日本ユーラシア協会長野ロシア語支部研修会(本城村)
1998 合成樹脂による土器復元の効果と問題点   花巻北上埋蔵文化財担当者会(岩手県北上市)
1998 千曲川流域の石器石材について   佐久考古学会(佐久市)
1998 東アジアを行く縄文装身具   朝日カルチャー立川(東京都立川市)
1998 考古学は探偵学?   追分フォーラム(軽井沢町)
1997 長野県埋蔵文化財センターの発掘調査の近年の成果 教員研修(社会科) 長野県総合教育センター(塩尻市)
1997 玦状耳飾から見た縄文文化と東アジア 考古学を学ぶ 東アジア世界と日本 神奈川県立埋蔵文化財センター(横浜市)
1994/3/12 玦状耳飾の起源について   長野県考古学会縄文時代(早期)研究部会(上田市)

展示

名称 タイトル 期間 場所
平成18年度春季展 古瓦からみた信濃の古代 −神津猛・米山一政寄贈資料を中心に− 2006年5月19日〜6月25日 長野県立歴史館

トップページ