研究ノート・翻訳・その他

研究ノート

題名 書名 巻・号 発行者
         
2017 森先生の「縄文文化見直し論」 昭和・平成の考古学界
森浩一古代学を読み解くT
第5回東海学シンポジウム NPO法人東海学センター
2014 平安時代の千曲川の大洪水〜いわゆる「仁和の洪水」について〜 歴史と災害〜災害は歴史を変えたか〜 第2回東海学シンポジウム NPO法人東海学センター
2014 「渤海」文字資料からみた女真文字の起源に関する一考察
−ヴォヴィン論文(2012)を中心として−
古代学研究 202号 古代学研究会
2013 約1,100年前、千曲川流域を襲った未曾有の大洪水〜仁和の洪水〜 大地の履歴から探る災害−大地と自然、そして人− 津南学叢書 第21輯 津南町教育委員会
2012 「禾」の字が書かれた墨書土器 この国の歴史と形〜東海学を視座にすえてU〜 第20回春日井シンポジウム 春日井市
2012 888年 千曲川 仁和の洪水 佐久考古通信 109号 佐久考古学会
2011 善光寺と諏訪信仰 この国の歴史と形〜東海学を視座にすえて〜 第19回春日井シンポジウム 春日井市
2011 型式論からみた郷土式土器 佐久考古通信 107号 佐久考古学会
2010 信濃の万葉歌 『万葉集』に歴史を読む 第18回春日井シンポジウム 春日井市
2006 佐久市芦内岩陰遺跡出土遺物について 紀要 12号 長野県立歴史館
2005 由变迁和组合所见日本列岛玦状耳饰的起源 中国玉文化玉学论丛三编 杨伯达主编 紫禁城出版社
2004 編年「玦状耳飾」 季刊考古学 89号 雄山閣
2003 長野県の遺跡における地震痕跡および大規模災害痕跡 (17) 古代学研究 162号 古代学研究会
2003 神村論文を読んで押型文土器の編年を考える−細久保式の成立と展開から−
(編年表)(40)(41)
利根川 24・25号 利根川同人
2000 「仁和の洪水」は「八ヶ岳の大崩落」によっておきたのか
−大月川岩屑なだれ年代特定の意義− (38)(39)
佐久考古通信 78号 佐久考古学会
2000 問題提起 縄文時代の地域文化の領域研究から見た生活環境 地方史研究 50巻4号 地方史研究協議会
2000 石製装身具に見える外来要素 考古学ジャーナル 454号 ニューサイエンス社
1999 食用のクリと木材用のクリに関するメモ (28)(論文展望) 古代学研究 148号 古代学研究会
1998 縄文土器の形態と用途・機能の関係を探る 古代探求 森浩一70の謎 中央公論社
1998 東部町祢津真行寺遺跡群出土の石器石材
−とくに八風山型ガラス質安山岩とツメ石型ガラス質安山岩−
佐久考古通信 72号 佐久考古学会

翻訳

原著者 題名 書名 巻・号 発行者
           
2008 姜念思 朝陽市黄河路唐墓出土靺鞨石俑考 博古研究 36号 博古研究会
2007 王維坤 隋唐墓葬出土の死者口中に貨幣を含ませる習俗の遡源 玉文化 4号 日本玉文化研究会
2006 イブリエフ,А.Л 日本の文献史料を通してみたシャイギン城跡のパイザ
(川崎輝美と共訳)
古代学研究 175号 古代学研究会
2006 ケ 聰 東アジアの玦飾に関する諸問題 古代学研究 173号 古代学研究会
2005 アンドレーバほか チョールタヴィ・ヴァロータ洞穴の装身具
(川崎輝美と共訳)
長野県考古学会誌 108号 長野県考古学会
1998 童恩正 中国古代の巫、巫術、巫術崇拝と関連する問題 (22) 博古研究 15号 博古研究会
1996 李仁淑 韓国先史曲玉に関する小考 古文化談叢 36号 九州古文化研究会
1994 童恩正 中国東北から西南に至る辺地半月形文化伝播帯試論 (21)
(竹原伸仁氏と共訳)
博古研究 7号 博古研究会

その他

題名 書名 巻・号・副題 発行者
         
入稿 考古学の窓 「見直し論」考古学研究の原動力(仮)      
2017 埋文ほっと情報 よみがえる弥生青銅器の輝き−中野市柳沢遺跡銅戈の復元− 信州の遺跡 11号 長野県埋蔵文化財センター
2017 中国黒竜江歴史文化フォーラムに参加して 信濃考古 188号 長野県考古学会
2016 玉(ギョク)とヒスイからみた交流 発表要旨 年報 32号 長野県埋蔵文化財センター
2016 玉(ギョク)とヒスイからみた交流 予稿 掘るしん in しののい 2016 講演会   長野県埋蔵文化財センター
2016 <考古学の窓>井戸とモモ 信州の遺跡 8号 長野県埋蔵文化財センター
2015 <考古学者の書棚>(文献紹介)女真と金国(10世紀-1234年)の文化 アルカ通信 148号 考古学研究所 (株)アルカ
2014 じっと聞いている森先生 博古研究 47号 博古研究会
2013 山の神遺跡−縄文時代早期の祭祀の場− 掘ってわかった信州の歴史 長野県埋蔵文化財センター30周年記念誌 長野県埋蔵文化財センター
2013 書評「妙高火山の考古学」 季刊考古学 122号 雄山閣
2010 研究会の総括 博古研究 39号 博古研究会
2010 縄文人は何を食べたのか よくわかる考古学 松藤和人・門田誠一編 ミネルヴァ書房
2010 縄文のムラと住まい よくわかる考古学 松藤和人・門田誠一編 ミネルヴァ書房
2009 「岳父」と乗鞍 乗鞍コロナ観測所60年史・第7章送る言葉   自然科学研究機構 国立天文台 太陽観測所
2008 何かと張り合う森先生 大寿祝賀文集 森浩一先生傘寿記念 古代学研究会
2007 長野県柳沢遺跡出土の青銅製祭器 千曲川流域「赤い土器のクニ」から出土 11月15日文化欄 中日新聞社(本社)
2007 遺跡から見た古代千曲川の水運(講演録) JANESニュースレター 15号 日本ナイル・エチオピア学会
2007 長野県地方史研究の動向(考古学関係) 信濃 59巻6号 信濃史学会
2007 須恵器の広がり、朝鮮半島とシナノ あきなう人びと
−交易と交流−
ブックレット13号 長野県立歴史館
2006 シナノに来た北東アジアの狩猟文化 「シナノ」の王墓の考古学   雄山閣
2006 発掘された「浦島伝説」
−謎に満ちた”芳蘭”の文字−
伝説に歴史を読む   大巧社
2006 「善光寺瓦」の謎 古代寺院の可能性も しなの歴史発見27号 7月25日号 信濃毎日新聞
2006 神津猛と米山一政 「わらじ史学」の先駆 しなの歴史発見26号 7月24日号 信濃毎日新聞
2006 動向 長野県 日本考古学年報 57号 日本考古学協会
2006 古代のムラのいのり、氏寺から国家の寺院へ 祈る人びと
−信仰と祭り−
ブックレット12号 長野県立歴史館
2006 古瓦からみた信州の古代史 研究の窓 歴史館たより46号 長野県立歴史館
2005 研究資料収蔵の経緯 登った調べた40余年 平成16年度収蔵資料展
−河内晋平と八ヶ岳火山列−
茅野市八ヶ岳総合博物館
2005 古代の災害 古代への招待状
埋もれていた遺産
98号 長野市民新聞
2005 考古資料から見た日明貿易 考古資料をよむ 歴史館たより44号 長野県立歴史館
2005 善光寺平に根付いたもう一つの古代仏教文化 考古資料をよむ 歴史館たより43号 長野県立歴史館
2005 山の神遺跡とその周辺 「フォーラムあづみの」記録集 国営アルプスあづみの公園づくりと文化財の活用 長野県埋蔵文化財センター
2005 家のために戦う、長野県内の戦争遺跡マップ たたかう人びと
−戦争と平和−
ブックレット11号 長野県立歴史館
2005 長野県山の神遺跡 縄文ランドスケープ 小林達雄編著 Um Promotion
2004 書評「対論日本人の考古学」 しんぶん赤旗 12月26日号  
2004 地震遺跡から見た古代の災害 古代浪漫考古学シリーズ21 ビビッド12月号 JAながの
2004 コラム「極東の玉文化」 季刊考古学 89号 雄山閣
2004 中部地方玉文化研究の現状と課題 玉文化 1号 日本玉文化研究会
2004 マイ・フェイバリット・サイト「三鷹市第五中学校遺跡」 アルカ通信 10号 考古学研究所(株)アルカ
2004 アクセサリー・縄文時代前期 古代への招待状
埋もれていた遺産
38号 長野市民新聞
2004 学界動向 縄文時代(中部)(贄田明氏と共著) 考古学ジャーナル 516号 ニューサイエンス社
2003 大石棒幻視行(18) 佐久考古通信 87号 佐久考古学会
2003 城山公園探鳥会に参加して(29) 日本野鳥の会長野支部報「野鳥ながの」 401号 日本野鳥の会長野支部
2003 学界動向 縄文時代(中部)(文献一覧) 考古学ジャーナル 502号 ニューサイエンス社
2002 長野県山の神遺跡 縄文ランドスケープ   ジョーモネスクジャパン機構
2002 学界動向 縄文時代(中部)(文献一覧) 考古学ジャーナル 488号 ニューサイエンス社
2002 家根先生の思い出−私の縄文土器研究事始− ワインとマッカリと… 家根祥多さん追悼文集 同刊行会
2001 トロトロ石器(大町市山の神遺跡) まつもと昔むかし縄文編 中日新聞松本ホームサービス7月12日第1195号 中日ホームサービス
2001 木の実のアク抜き施設「水さらし場」−中野市・栗林遺跡− 古代への旅に出かけよう 長野県の遺跡探検 ボロンテ
2001 有孔鍔付土器の謎−南箕輪村・久保上ノ平遺跡− (7) 古代への旅に出かけよう 長野県の遺跡探検 ボロンテ
2001 国内最古の装身具セット「縄文の宝石箱」−飯島町・かご田遺跡− 古代への旅に出かけよう 長野県の遺跡探検 ボロンテ
2001 トロトロ石器と最古の配石遺構−大町市・山の神遺跡− (5) 古代への旅に出かけよう 長野県の遺跡探検 ボロンテ
2001 学界動向 縄文時代(中部)(文献一覧) 考古学ジャーナル 473号 ニューサイエンス社
2001 新刊紹介 関孝一・永峯光一編著「鳥羽山洞窟の調査−古墳時代葬所の素 描と研究−」 考古学研究 47巻4号 考古学研究会
2000 論文展望 食用のクリと木材用のクリに関するメモ 季刊考古学 72号 雄山閣
2000 学界動向 縄文時代(中部)(文献一覧) 考古学ジャーナル 460号 ニューサイエンス社
2000 水口さんに感謝して 九頭竜−追憶のふるさと− 水口富夫さん追悼文集 同刊行会
2000 ロシアハバロフスク・ウラジオストック考古学の旅 博古研究 19号 博古研究会
1999 笠原勝彦君を偲んで 駆け抜けた人生 笠原勝彦君追悼文集 同刊行会
1999 動向 長野県(文献一覧) 日本考古学年報 50号 日本考古学協会
1999 学界動向 縄文時代(中部)(文献一覧) 考古学ジャーナル 445号 ニューサイエンス社
1997 針マコのススメ(9) 信濃考古 150号 長野県考古学会
1995 神戸だより〜阪神大震災と埋文調査〜 信濃考古 142号 長野県考古学会
1995 縄文時代(早期)研究部会 内部検討会「表裏縄文土器から立野式土器へ」に参加して 信濃考古 139号 長野県考古学会
1992 埋蔵文化財研究集会に参加して 信濃考古 123・124号 長野県考古学会
1992 発掘「悪魔の足」英文要旨 (6) シャーロック・ホームズ紀要 3巻1号 シャーロック・ホームズ研究委員会
1991 「バスカビル家の犬」と考古学英文要旨 (6) シャーロック・ホームズ紀要 2巻1号 シャーロック・ホームズ研究委員会

(数字)は論文に関する信州発考古学最前線の コラムの番号。(文献一覧)は各論文の引用参考文献。

連載コラム

期間 題名 回数 掲載
2004年10月1日〜2005年2月28日 国境のない考古学 全6回 アルカセミナー
2002年9月16日〜2003年9月1日 信州発考古学最前線 全52回 ボロンテ。

トップページ